歯について

虫歯について

虫歯と健康の関係

決して油断できない

  • 健康な時は歯について意識しないことが多いが虫歯等で歯が痛んだ時に歯を意識するものです。しかし歯は健康を支える大切な原動力とも言えるほど重要な存在なのです。
  • 虫歯の発生に必要な条件
    1.歯がある 2.虫歯菌がある 3.糖分がある
  • 虫歯がもたらす影響として、食事がとれない、唾液の減少にともない消化を助ける酵素が減少し胃腸に負担がかかります。また浄化作用が低下して細菌の増殖を許してしまい口臭がひどくなります。二次症状として胃腸障害、顔のゆがみ、肩こり、姿勢のゆがみ、脳への刺激減少等さまざまな症状と同時に虫歯の穴から細菌が体の中へ入り込み発熱の症状がでて感染するリスクもあり、たかが虫歯と軽視できないのです。
 

原因と初期症状

  • 虫歯は歯垢の中にいるミュータンス菌が糖分を取り込んで強い酸を出しエナメル質を溶かすことから始まります。表面についた歯垢をその都度歯磨きで落とせばミュータンス菌からエナメル質を守ることができます。
  • 虫歯になる前の段階として脱灰があります。脱灰とは表面に穴も無く痛みも無く、わずかに白い斑点がある状態です。このまま放置すれば必ず穴があいて虫歯に発展します。この脱灰部分に唾液に含まれるミネラルイオンが沈着することを再石灰化といい、虫歯への発展を食い止めるだけでなく、再石灰化が歯を丈夫にします。つまり繰り返すことにより虫歯になりにくい丈夫な歯を作るのです。再石灰化を補助する方法としてフッ素があります。フッ素はミネラルイオンが沈着するのを促進する効果があります。フッ素入りの歯磨き粉を使うのはこの効果を期待しているのです。