歯周病について

歯周病について

歯周病菌とは

嫌気性グラム陰性菌

  • 口内には300種類以上の細菌が住んでおり、その中でも歯肉の奥に潜んでいる嫌気性グラム陰性菌(空気を嫌う性質)のポルヒロモス・ジンジバリスやベイヨネラ・バルビュラ、フゾバキテリウム・ヌクレアタムを代表とする10種類ほどの細菌が歯周病菌と言われております。

虫歯と歯周病の違い

  • 虫歯は細菌が出す酸によって歯が溶かされることにより発生し、歯周病は細菌によって歯肉や骨が侵されることにより発生します。どちらも感染症ですが免疫反応による影響が大きいのは歯周病です。

虫歯より怖い

  • 歯の周囲の歯肉や歯骨を壊すだけではなく、歯周病菌は血管を通り全身へ広がり血栓の発生や血管の壁をもろくする原因の一つなのです。歯周病は歯の病気、口腔内の病気と侮れません。血管に浸透するので全身に様々な影響を与えます。歯周病を治療することは全身疾患を予防することにつながるのです。

歯肉炎と歯周病

  • 歯肉炎とは歯周病の初期状態です。歯周病になる人は必ず歯肉炎になっております。自覚症状がほとんど無い状態が歯肉炎です。例えば、赤く腫れたり出血したりする程度です。歯周病になると歯がグラグラしてきます。